IMABARI CITY PTA FEDERATION

Imabari-city PTA

〒794-0027 今治市別宮町2丁目5-1 
   教育委員会 事務局 社会教育課内

いじめ・悩み 110番 いじめ

 トップ活動報告 > 広報研修会 写真:球技大会05

 今治市PTA連合会広報研修会

平成25年度市P連合会 1・2区広報研修会


写真:1・2区広報研修会

平成25年7月13日(土)
     場所:今治市総合福祉センター  司会:広報広聴部

先週の3区広報研修会に続いて、7月13日(土)午後1時30分より今治市総合福祉センター(愛らんど今治)4F多目的ホールにて、1・2区広報研修会が開催されました。

 

 

 

 今回の研修会では、講師に愛媛新聞社(今治支社)宮野 雄様、渡部 竜太郎様をお招きし、9校、18名程の参加者で、広報紙の作り方、広報写真の撮り方、原稿の書き方の講話の後、実際に広報紙を作成しました。

◯ 見出しは分かりやすく簡潔に、
○ 体言止めは最小限に、
○ 固有名詞の確認を、
○ レイアウトはバランス良く…写真の大きさ、見出しの大きさ、配置の仕方などで工夫、
○ 主役が何かを考えて撮影する…自分が一番伝えたいことが何かを考える、
○ ズーム機能はなるべく使わない…自分から被写体に近づく、
○ 被写体の目線の高さより下からのアングルで…写真に迫力がでる、
○ さまざまなアングルから撮影する…バラエティーに富んだ紙面、
○ 同じ構図で何枚も写真を撮る…被写体の表情・特に目がきちんと映っているものを使う、

 等プロの技法を教わりました。講師の方の指導のおかげで、和やかな雰囲気の中、各校とも素晴らしい広報紙が出来ました。

今後の各校の広報紙作りに有意義な研修会になりました。

  『 広報紙レベルアップ口座〜紙面づくりのヒント〜 』
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会


写真:1・2区広報研修会
写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会

 

↑このページのはじめに戻る

平成28年度市P連合会 3区広報研修会

写真:3区広報研修会


平成25年7月6日(土)
       場所:伯方公民館第2研修室  司会:広報広聴部

7月6日(土)午後1時30分より伯方公民館にて、3区広報研修会が開催されました。

今回の研修会では、講師に愛媛新聞社 伯方支局 支局長 江藤 謙様、今治支社 野田貴之様をお招きし、9校、18名程の参加者で、広報紙の作り方、広報写真の撮り方、原稿の書き方の講話の後、実際に広報紙を作成しました。

 

 

○見出しは分かりやすく簡潔に、
○体言止めは最小限に、
○固有名詞の確認を、
○レイアウトはバランス良く…写真の大きさ、見出しの大きさ、配置の仕方などで工夫、
○主役が何かを考えて撮影する…自分が一番伝えたいことが何かを考える、
○ズーム機能はなるべく使わない…自分から被写体に近づく、
○被写体の目線の高さより下からのアングルで…写真に迫力がでる、
○さまざまなアングルから撮影する…バラエティーに富んだ紙面、
○同じ構図で何枚も写真を撮る…被写体の表情・特に目がきちんと映っているものを使う、

 等プロの技法を教わりました。講師の方の指導のおかげで、和やかな雰囲気の中、各校とも素晴らしい広報紙が出来ました。

今後の各校の広報紙作りに有意義な研修会になりました。

  『 広報紙の作り方について』
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  『 広報写真の取り方』
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  『 ワークショップ:実際に紙面を構成し、みんなで講評してみましょう 』
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
  写真:1・2区広報研修会 写真:1・2区広報研修会
   
  愛媛新聞社の講師の先生、ご参加いただきました皆様、市P役員の皆様、ありがとうございました!

 

↑このページのはじめに戻る